遺産分割の方法(現物分割・換価分割・代償分割とは)|遺産分割相談室

遺産分割の方法

遺産分割相談室の項目でも既に解説をしましたように、遺産の分割方法には、遺言による分割、相続人間の話合いによる協議分割、相続人間の話合いがまとまらない場合や話合い自体ができない場合の調停や審判による分割の方法があります。
本項では、遺産分割方法の内、相続人間の話合いによる分割方法(遺産分割協議)を進める為の具体的な遺産分割の仕方について解説をしています。

遺産分割協議を行う際、遺産が預貯金だけの場合のように法定相続分に応じた分割が比較的容易に行う事のできるケースであればよいのですが、不動産が遺産の大部分を占めている場合など遺産の内容によっては分割をすることが難しいケースもあります。

このような場合には、現物を法定相続分に応じて分割する事(現物分割)に拘らず、下記のような分割方法(換価分割・代償分割・共有分割)を用いる事で遺産分割協議の話を進めやすくする事が可能になるといえます。

現物分割

遺産をそのままの形で相続分に応じて分割する方法をいいます。
例えば一定の面積の土地を相続人それぞれの持分に応じて分筆して分けたり、不動産は相続人のAさんに預貯金などは相続人のBさんに分けるという方法です。

換価分割

遺産の種類によっては、現物分割を行うことが適当でないケースがあります。このような場合に遺産を他に売却して金銭に換え、この金銭を相続分に応じて分割する方法を換価分割といいます。

代償分割

例えば、ある相続人が全ての遺産を相続するかわりに、他の相続人に対してその相続人の相続分に応じた金銭を支払ったり、自分の所有する他の財産を交付する方法をいいます。

代償分割は分割のしにくい財産の対処法としてよく用いられていますが、支払を行う側には相応の資力が必要となります。

代償分割をする場合には、その事を遺産分割協議書に記載する事が必要です。

共有分割

共有分割は各相続人の持分を決めて共有で分割する方法をいいます。

不動産などを公平に相続分に応じて分割することができますが、将来的に相続人が死亡した際にさらに共有者が増えることになる等、のちのちのトラブルを生む可能性がある点に注意を払うことが必要です。

遺産分割協議がととのわない時はのページへ

遺産分割

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺産分割手続のご相談受付

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp