遺産分割協議書作成のご相談なら埼玉県の桜行政書士事務所

遺産分割協議書作成サービス

遺産分割協議書は、法律によって定められた形式はありませんが、相続人間の話合いでまとまった内容を書面にする訳ですから、後になって争いの元となるような不備のある書面としないよう、また相続手続きを円滑に進めることのできるように配慮したものを作成することが必要です。

遺産分割協議書作成代行サービスは、すでに遺産分割の話合いが共同相続人間で一応まとまっている方や遺産分割の話合いについて争いはない方で、ご自身で遺産分割協議書を作成をする事に不安を感じられている方や遺産分割協議書の作成を専門家に任せたいとお考えの方に向けたサービスです。

遺産分割協議書作成代行サービスの内容

  • 面談による打ち合わせ(事前にまとまっている遺産分割案を確認)
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割協議書を製本

遺産分割協議書の作成代行をご依頼される前に

お申し込み頂く前に相続人の調査が完了していることが必要です。
※相続人の一部を除いた遺産分割協議を行っても無効であり、遺産分割のやり直しを行わなければいけませんので、相続人を確定しておくことが必要です。

遺産分割業務のご依頼の流れ

お問い合わせ

打ち合わせ・料金の振込み

文案の作成

打ち合わせ・内容の修正

遺産分割協議書の作成完了

遺産分割協議書添削サービス

ご依頼者様がご自身で作成された遺産分割協議書の添削を行い、問題があればその点を修正し、後になってトラブルとならず、また不動産登記の添付資料として問題のない遺産分割協議書作成のサポートを致します。

※既に遺産分割協議書の原案を作成されている方が対象となりますので、遺産分割協議書の作成がお済でない方は遺産分割協議書の作成代行業務をご依頼ください。

遺産分割協議書の作成が必要な理由

遺産分割の話合いが共同相続人間でまとまったとしても、その内容を遺産分割協議書として書面にしておかなければ、後になって遺産分割の内容について無効を主張する相続人が現れるなどして争いに発展するおそれがあります。

また、相続財産の中に不動産が含まれている場合には相続登記を行う際に「相続を証する書面」として遺産分割協議書の添付が必要となってくる為、遺言による遺産分割を行うケースなどをのぞき、ほとんどの方の相続について相続人間の話合いでまとまった事項を遺産分割協議書として書面に残しておかれる事が必要です。

遺産分割協議書は任意で作成されるものである為、法律的に定められた形式はありません。しかし、後の紛争を防止し、名義変更や相続登記の添付資料として使用できる法的に有効なものを作成しなくてはなりません。

桜行政書士事務所では、後になって紛争とならず、相続手続きを速やかに完了することのできる遺産分割協議書作成サポートサービスをご用意致しています。

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺産分割手続きのご相談受付

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp