法定相続分と異なる遺産分割は可能かどうか|遺産分割FAQ

遺産分割FAQ

法定相続分と異なる遺産分割協議は可能なのか

質問
父が死去し、相続人である母と私たち姉妹2人が先日、遺産分割協議で遺産を円満に分割しました。遺産は両親が暮らしていた不動産と預貯金が500万円程でしたが、不動産には今後も母に住んで貰う為に母に相続してもらい、老後の事もありますので預貯金の内半分を母に、残りの250万円の内150万円を私が相続し、残額100万円を妹が相続する事になりました。遺産分割協議の内容は、法定相続分と大分異なりますが、このような内容で決めた遺産分割協議は有効なのでしょうか。

回答
法定相続分と異なる内容でなされた分割協議であっても、共同相続人全員の同意が得られたのであれば、有効となります。民法906条において「遺産の分割は、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする」との定めがありますので遺産の分割は、共同相続人全員の同意があれば法定相続分と異なっても差し支えがないのです。

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp