家屋・借家権等の相続評価|遺言・相続手続き相談所

家屋の評価方法

  • 家屋の評価
    • 自用家屋
    • 貸家
    • 建築中の家屋
  • 建物付属設備等の評価
    • 家屋と構造上一体となっている設備
    • 門・塀などの付属設備
    • 庭木・庭石などの庭園設備
  • 借家権の評価

家屋

家屋の相続税評価額を求めるには、評価する家屋の固定資産税評価額に『一定の倍率』を乗じて評価します。

自用家屋

自用家屋を評価する場合の『一定の倍率』は1.0倍として計算を行い、評価します。

<計算式>
固定資産税評価額×1.0=自用家屋の価額

貸家

賃貸マンションや賃貸アパートなどの貸家は、自用家屋の場合と比べ借家人の権利の分だけ相続財産としての評価額が低くなります。

貸家を評価する場合には、自用家屋の価額から借家権の価額を差し引いて評価します。借家権割合は、ほとんどの地域が30%とされており、一部の地域は40%とされています。

<計算式>
固定資産税評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)=貸家の価額

建築中の家屋の評価

相続税の課税時期において、建築中の家屋は、次の計算式によって評価されます。

<計算式>
課税時期における費用原価×70%=建築中の家屋の評価額

建物付属設備等の評価

家屋と構造上一体となっている設備

電気設備、ガス設備、衛生設備、給排水設備などの付属設備で、その家屋に取り付けられ、構造上一体となっているものについては、個別に評価せず、家屋の価額に含めて評価されます。

門・塀などの付属設備

門、塀、外井戸等の附属設備の価額は、下記の計算式によって評価されますが、家屋の価額との均衡が考慮されます。

<計算式>
再建築価額-経過年数に応ずる原価の額=門、塀、外井戸などの付属設備の価額

庭木・庭石などの庭園設備

庭園設備とは、庭木、庭石、あずまや、庭池等をいいます。
庭園設備の価額は以下の計算式によって評価されます。

<計算式>
庭園設備の調達価額(※)×70%=庭園設備の評価額

(※)調達価額とは、課税時期においてその財産をその財産の現況によって取得する場合の価額のことをいいます。

借家権

借家権の価額は以下の計算式により、評価します。

<計算式>
自用家屋の価額×借家権割合×賃貸割合=借家権の価額

※なお借家権自体は、権利金等の名称で取引される慣行のある地域を除き、課税対象とならないことになっています。

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp