自筆証書遺言のご相談・原案作成は遺言・遺産相続手続き相談所

遺言の方式INDEX

  1. 遺言の方式とは
  2. 自筆証書遺言
  3. 秘密証書遺言
  4. 公正証書遺言
  5. 普通方式遺言の比較表

遺言の方式(種類)

遺言には普通方式遺言と特別方式遺言の2つの方式があります。

普通方式の遺言はさらに1.自筆証書遺言、2.公正証書遺言、3.秘密証書遺言に分類されます。

特別方式の遺言は臨終遺言と隔絶地遺言とに分けられ、さらに臨終遺言は4.一般臨終遺言、5.難船臨終遺言とに分けられ、隔絶地遺言も6.伝染病隔絶地遺言、7.難船隔絶地遺言とに分けられます。

したがって民法で規定している遺言は全部で7種類ある事になります。遺言を残す際はそれぞれの特徴も知っておく事が必要となりますが、このページでは一般に作成されることが多い普通方式の遺言の中の自筆証書遺言について解説を致します。

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、遺言者がその遺言の全文、日付および氏名を自分で書き、これに印を押せばよいとされていて、民法の認める遺言の方式の中では一番簡単なものです。

自筆証書遺言は遺言をする人が文字を書くことができ、印を押すことができれば自分の思った事を自由に遺言として残すことが出来ます。

しかし、法律の定める方式にしたがわずに行った遺言は、残念ながら法的効力は存在しませんので、以下の項目に挙げている事項に注意して遺言書を作成することが必要です。

自筆証書遺言作成の注意点

  1. 遺言は必ず自書することが必要があり、他人に代筆をさせたりワープロで打ったりすることは認められていません。捺印のないものは無効となりますが、印鑑は実印でなくてもよく、認印でも拇印でもよいとされています。
  2. 遺言書の用紙・様式は自由で、遺言書が数枚に渡る場合でも継目に契印がなくてもよく、同一性が認められる限り有効とされています。
  3. 遺言は人の最終意思を表したものであり、遺言が2通ある場合には日付が後の遺言の方が前の遺言に優先します。
    したがって自筆証書遺言には必ず日付を自書することが必要です。
  4. 遺言の字句を訂正したり加除した場合は、(1)変更した場所に捺印をし、(2)上部欄外に○字抹消、○字加入と記載して捺印するか(3)遺言の終わりに「○行目○字削除、○字加入」と記載した上で署名捺印 するなどの方式によって訂正の事実を明確にしなければなりません。
    もし、この方式に従わなかった場合には変更がなかったものとして取り扱われることになりますので注意が必要です。
  5. 遺言書に封をしたり、封印することは必ずしも要求がされていませんが、封がある場合には家庭裁判所で開封することが必要となります。

自筆証書遺言サンプル書式のページへ

自筆証書遺言の長所・短所

長所

  • 遺言書の作成に費用がほとんどかからないこと
  • 遺言書を作成した事を周りに秘密にできること

短所

  • 遺言書の方式を欠いていることを知らずに遺言を作成しているおそれがあること
  • 保管場所に注意が必要なこと
  • 遺言書が第3者に偽造・変造されるおそれがあること
  • 遺言書の検認手続きが必要なこと

秘密証書遺言のページへ

遺言

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

自筆証書遺言作成サポートご相談受付

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp