遺言が必要な場合とは|遺言・遺産相続手続き相談所

遺言が必要なケースについて

遺言を残さずに死亡した場合、遺産は民法の定める法定相続分に応じて相続人に分割される事になります。

例えば、被相続人となる人が、家業を継承している長男に法定相続分より多く遺産を相続して欲しいと望んでいたとしても遺言を遺しておかなければ、長男が他の相続人より多く相続できるかどうかは他の共同相続人次第となってしまい、もしかしたら家業にも影響がでてしまうかもしれません。

相続は金銭や権利関係が絡むものであり、仲の良かった家族間でさえ遺産相続争いという事態に陥ってしまう事もありえますので、遺産争いが起こらないよう事前に対応策を考えておくことが必要といえます。

具体的な対策としては、遺言で相続分を指定しておけば、法定相続分に優先しますので、家業を継ぐ長男に法定相続分より多く相続させたる事ができます。

また、例えば相続人ではないけれども生前に病気の看護に努めてくれた長男のお嫁さんに遺産をあげたいと思っている場合には遺贈をしたりする事もできるのです。

以下のケースの場合にも遺言書の作成が必要です。

夫婦に子供がいないケースで相続人が配偶者及び兄弟姉妹の場合で配偶者に全て相続させたい時

相続人の中に相続させたくない者がいる場合

遺留分の放棄を推定相続人が行っている場合

遺言

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp