自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の比較一覧表

普通方式遺言の比較表

自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の作成方法等を比較

遺言の種類 自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
作成者 遺言者本人 公証人 遺言者本人(代筆可)
証人・立会人 必要なし 2人以上 2人以上
署名捺印 遺言者本人 遺言者、証人、公証人 遺言者本人
日付 年月日まで記入 年月日まで記入 年月日まで記入
印鑑 実印・認め印・拇印のいづれでも可 本人・証人ともに実印(公正証書遺言の作成時印鑑証明書持参) 本人は遺言書作成時に押印した印鑑。証人は実印・認印どちらでも可
費用 かからない 作成手数料 公証人手数料
封入 不要
偽造・変造のおそれがあるので封入する事をお勧めします
不要 必要
保管 遺言者本人 公正証書遺言の原本は公証役場が保管。正本は遺言者本人が保管 遺言者本人
検認手続 必要 不要 必要
備考 秘密を保つ事が容易であるが保管が難しい 保管は確実だが秘密が漏れるおそれがある 保管も確実で秘密も保てるが内容に不備があるおそれがある

普通方式遺言の作成方法・特徴を表にすると以上のようになります。

遺言書を作成される際は表に記載のある事項を念頭におき、最もご自身に適した遺言の方式を選択し、作成する事が望ましいと考えられます。

遺言

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

相続手続 遺言 ご相談予約

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp