秘密証書遺言の相談・文案作成は遺言・相続手続き相談所

秘密証書遺言

自筆証書遺言の場合と異なり、遺言者が必ずしも遺言を自筆しなくてよいのが特色で遺言の内容を秘密にして遺言をすることが出来ます。
秘密証書遺言は遺言書そのものの方式ではなく、遺言書を秘密に保管する為の方式である為に書面自体には定められた方式はありません。
また公正証書遺言とは異なり、公証人が遺言の内容まで関与せず、遺言書が封印の中に封入されているという事を公証しておくだけのものです。

秘密証書遺言作成の手順と注意点

  1. 遺言者が遺言書に署名押印をして、それを封入した上で証書に用いたものと同じ印鑑で封印しなくてはいけません。遺言書自体は自書したものでなくてもよくワープロで作成したり、代筆してもらったものでも構いません。また、日付の記載も必要ありません。

  2. 遺言者は公証人一人及び証人二名以上の前で、封書を提出して、ⅰ.自分の遺言書であること、ⅱ.遺言書が自筆でない場合にはその筆者の氏名、住所を述べることが必要です。(

  3. 公証人が遺言書の提出された日付および遺言者の申述を封書に記載した後、遺言者および証人と共に署名押印をし、これによって秘密証書遺言が成立します。

  4. 秘密証書遺言の訂正は自筆証書遺言と同じ方式で行うことが必要です。

秘密証書遺言は、上記の方式を欠いていたとしても、自筆証書遺言の方式を備えていれば自筆証書遺言としての効力を有すると定められています。(民法第971条)

口をきくことができない人の場合は、遺言者は公証人及び証人の前で、その証書が自己の遺言書である事と筆者の住所・氏名を通訳人により申述するか又はその封書署名することで2の要件に代えることができます。(民法第972条第1項)

この場合、公証人によって前記方式により秘密方式の遺言がなされた旨が記載されます。(同条第2項・第3項)

秘密証書遺言作成の手数料

秘密証書による遺言方式に関する記載についての手数料は、定額11,000円とすると定められています。(公証人手数料令第28条)

秘密証書遺言の証人となることが出来ない人

  1. 未成年者
  2. 成年被後見人、被保佐人、被補助人
  3. 推定相続人、受遺者とその配偶者及びその直系血族
  4. 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記および雇人

公正証書遺言の証人に関して目が見えない人が証人となりうるか否かについて争われたケースがありますが、最高裁判所の判決によると、3対2と見解は分かれましたが、目が見えない人であっても証人適格を認める判断がなされています。

秘密証書遺言の長所と短所

長所

  • 他人に遺言の内容を秘密にして作成できること
  • 公正証書遺言と比べ、手数料が安価であること

短所

  • 遺言の方式を欠いていることを知らずに遺言書を作成してしまうおそれがあること
  • 保管場所に注意が必要なこと
  • 遺言書の検認手続きが必要なこと

公正証書遺言のページへ

遺言

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

相続手続 遺言 ご相談予約

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp