遺留分の請求 遺留分減殺請求とは|遺留分相談室|

遺留分を主張するには

遺留分減殺請求権

遺留分の侵害が現実にあった場合には、遺留分の侵害を受けている相続人は遺留分を侵害している受遺者や受贈者に対して不足分の請求を行うことができます。これを遺留分減殺請求権といいます。

遺留分減殺請求権は遺留分の権利を侵害している相手方に対して減殺の意思を表示することで行うことが出来るという判例がありますが、遺留分減殺請求権には消滅時効がありますので、確定日付のある内容証明郵便で行われることを強くお勧め致します。

遺留分の減殺請求は、遺留分を侵害された遺留分権利者が複数いる場合であっても、遺留分権利者が全員で共同して行う必要はなく、各相続人が個別に判断して行う事ができます。

ある共同相続人の行った遺留分の放棄は、これによって他の共同相続人の遺留分が増えることを意味しません。これは遺言者が遺言で行った自己の財産を自由に処分できる範囲が拡がる事を認めたという事になるのです。

遺留分減殺請求ができる期間

1.相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があった事を知った時から1年以内
2.相続の開始から10年以内

上記の期限を過ぎてしまうと遺留分減殺請求権は時効によって消滅してしまいますので、注意が必要です。

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺留分減殺請求サービス受付け

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp