相続人の中に未成年者がいる場合|遺言・遺産相続手続き相談所

相続事例集

相続人の中に未成年者がいる場合の相続手続き

質問
相続人の一部に未成年者がいる場合でも、成年者と同様にその者が遺産分割協議書にや相続税の申告書に署名をしたり押印をすることは出来るのでしょうか?

回答
相続人の中に未成年者がいる場合、基本的には法定代理人が遺産分割協議書、相続税の申告書に署名押印をすることになりますが、 法定代理人もまた相続人である場合、法定代理人と未成年の相続人の利益が相反することになります。

その為、特別代理人の選任を家庭裁判所に申立てをすることが必要となります。
尚、特別代理人の選任を行わないまま親権者が子供を代理して行った行為は無権代理行為となります。

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp