相続人の中に海外に在住する人がいるとき|遺言・遺産相続手続き相談所

相続事例集

海外に居住している相続人がいる場合の相続手続き

質問
父が今年亡くなりました。相続人は母と子供の私一人なのですが、私は現在、仕事の都合で3年前から海外で居住をしています。
相続の手続を進めるにあたり、父は遺言書を作成していなかった為、遺産分割協議を行う必要があるのですが、現在住所が海外である為に印鑑証明書がありません。
実印や印鑑証明書がない場合に遺産分割協議書はどのように作成すればよいのか教えて下さい。

回答
今回の場合、海外に居住されている事から、居住地を管轄する日本領事館において、遺産分割協議書の署名及び拇印が本人のものであるという証明を受けるか、日本領事館等に印鑑を登録して印鑑証明の交付を受けるかのどちらかの方法を選択されることが必要になります。

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp