香典・弔慰金は相続財産に含まれるのか|遺言・遺産相続手続き相談所

相続事例集

香典・弔慰金は相続財産になるのか否か

質問
父が死亡し、葬儀にて香典を親戚や臨席者から貰いました。
また、父が生前勤務していた会社から弔慰金が送られてきました。

相続の問題として香典や弔慰金は相続人間で分割を行うべきものなのかどうか教えて下さい。
また法律的にどういった性質のものなのか説明をして下さい。

回答
香典は葬式費用の一部を負担し、死者の家族の負担を軽減することを目的としたものと解することができます。したがって香典は、葬儀の主宰者である喪主に対して送られたものであると考えられます。

次に、弔慰金の問題ですが、弔慰金といってもその性質によって取り扱いが異なることを理解することが必要です。香典としての弔慰金や法律によって定められた死亡退職金とは別に支給されたの弔慰金であれば、香典と同様に考えることができます。 しかし、弔慰金が死亡退職金の一種としてみなされた場合には会社の内規により定められた者が弔慰金を受け取ることになります。

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp