寄与分とは 寄与分の算定方法|遺言・相続手続き相談所

寄与分

被相続人の財産の維持・増加に特別の貢献(寄与)のある相続人には、その寄与に応じた分を金銭に換算して相続分に加える「寄与分」という制度があります。

これは、本来、寄与がなければ減少していたり、増加しなかったであろう財産が例えばある相続人がお金を出したり労務を提供することで財産が維持・増加したとすると減少しなかった遺産の部分まで他の相続人と平等に分けるのは実質的な公平ではないという考えからです。

寄与の形態

  1. 被相続人の事業に関する労務の提供または財産上の給付
  2. 被相続人の療養および看護
  3. その他の寄与

但し、「特別の寄与」である為に、通常の寄与では足りないとされ、相当の対価を得ているものは財産の維持・増加につながらない為に寄与には該当しません。
寄与行為は主として無償又はこれに準ずるものである事が多いといえます。相当の対価を得ているのであれば、既にその人が行った寄与は決済がなされており、寄与分として主張すべき部分が残っていないと考えられるためです。

特別の寄与とは

「特別の寄与」とは、身分関係に基づいて通常期待されるような程度を越える貢献をいうと解されています。

というのも、民法752条の夫婦間における協力扶助義務、民法877条の直系血族及び兄弟姉妹の扶養義務、民法730条の直系血族及び同居親族の相互扶け合いの義務の範囲内でなされた行為では、特別な寄与とはいえず、その行為を寄与分として相続分を修正するまでの事由として認められないと解されている為です。

寄与分を算定するには

寄与分の価額は、共同相続人間の協議で決められることになっていますが、協議がととのわない場合には、寄与をした人の請求によって家庭裁判所が寄与分を定めることになります。

特別受益とはのページへ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

相続手続きのご相談受付け

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp