相続財産の評価方法|遺言・相続手続き相談所

相続財産の具体的な評価方法

相続税・贈与税における財産評価

相続税法上、相続税や贈与税の計算における財産の評価について、相続・遺贈又は贈与によって取得したときの時価によると規定がされています。

時価とは、財産の状況に応じ、不特定多数の当事者間で自由な取引が行われる場合に通常取引が成立すると認められる価額をいいます。しかし実際に各種財産を時価で評価するのは容易ではありません。

そこで、相続税法及び財産評価基本通達によって各種財産の評価方法が規定されています。以下の項目でそれぞれの財産の具体的評価方法について解説していきます。

相続財産ごとの具体的な評価方法

土地の評価

家屋の評価

預貯金・貸付信託の受益証券等の評価

株式・公社債の評価

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp