相続その前に遺言書を作成して相続対策を

遺言の知識編

遺言について

遺言とは法律上どのようなものであるのか、遺言が有効に成立する為に必要な要件、遺言は何歳から行う事ができるのか(遺言能力)、遺言で実現できる事について解説。

別ページ『遺贈と死因贈与』では、遺言によって他人に自己の財産を贈与する『遺贈』と贈与者の死亡によって効力が生ずる贈与契約『死因贈与』の特徴について解説しています。

遺言についての詳細はこちら

遺言の方式(種類)と普通方式の遺言について

遺言には普通方式の遺言と特別方式の2つの方式があります。
『遺言の種類と普通方式の遺言』のページでは民法の規定する遺言の種類を説明し、一般的に作成される普通方式の遺言(自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言)の内、自筆証書遺言が有効に成立する為の要件と作成時における注意点を解説しています。

また、『自筆証書遺言サンプル書式』のページでは、自筆証書遺言のサンプル書式を掲載し、その他の普通方式遺言は、『秘密証書遺言について』・『公正証書遺言について』の各ページで、遺言の特徴や作成手続きの注意点や順序、遺言作成に必要な手数料を解説しています。

3種類の普通方式遺言の作成方法や特徴を比べる際に便利な早見表を『普通方式遺言の比較表』ページに掲載しています。

遺言の種類と普通方式の遺言についての詳細はこちら

特別方式の遺言について

特別方式の遺言は、病気やその他の事情によって死期がさし迫っている状況にある場合及び伝染病を患い病院で隔離されている場合や船舶内などの一般社会から隔絶されている場合に、それぞれの状況に応じて法律の定める方式で行う遺言をいいます。
本ページでは、特別方式の遺言の種類と方法について解説しています。

特別方式の遺言についての詳細はこちら

遺言を取り消す方法について

民法は、「遺言者はいつでも遺言の方式にしたがって、その遺言の全部又は一部を取り消すことができる」と規定されていて、遺言者は自由に取り消しを行うことができます。

『遺言を取り消す方法について』のページでは、民法に定められた遺言を取り消したと認められる行為について解説しています。

遺言を取り消す方法についての詳細はこちら

遺言が必要なケースについて

遺言を作成するメリットは、遺言をされる方の気持ちや自らの望まれる遺産の相続方法(相続人以外の人に遺贈を行ったり特定の相続人に多く相続させること)を実現できる事です。

『遺言が必要なケースについて』のページでは、『遺言』の作成を行った方がよい理由について解説しています。

遺言が必要なケースについての詳細はこちら

遺言書の検認手続きについて

相続後に見つかった遺言書が公正証書遺言以外のものであった場合、遺言書の偽造・変造を防ぐために家庭裁判所において『検認』の手続きを経なくてはなりません。

『遺言書の検認手続きについて』のページでは、遺言書の検認手続きの申立て方法について解説しています。

遺言の検認手続きについての詳細はこちら

遺言執行者について

遺言執行者とはどのような権限を有し遺言を執行する事ができるのか、遺言執行者でなければ出来ない法律行為にはどのようなものがあるのか、遺言書を見つけてから遺言が執行されるまでの流れをフローチャート形式で解説しています。

遺言執行者についての詳細はこちら

遺留分について

遺言者は遺言により自由に自己の財産を処分することができるのが原則です。しかし、特定の相続人だけに財産を相続させる旨の遺言がなされた場合などは公平性に著しく欠け、相続人の生活に支障をきたすおそれもあります。そこで、相続人に与えられた最低限の遺産を相続する権利を『遺留分』といい、遺言者の財産処分について一定の制限がなされています。

『遺留分について』のページでは、遺留分の権利割合や算定方法、遺留分の放棄を行う方法について解説し、別ページ『遺留分を主張する方法』では、遺言により相続人の遺留分が侵害されていた場合に遺留分の権利を主張する遺留分減殺請求を行う方法について解説しています。

遺留分についての詳細はこちら

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp