相続とは 相続人とは 相続財産とは|相続の知識編

相続の知識編

相続について

『相続』は法律上どのような意味を持っているのか、『相続』がいつの時点から開始するのか、行方が分からない人の財産を相続する事はできるのかどうかについて解説するページです。

相続についての詳細はこちら

相続人について

『相続人』の法律上の意味とどのような人が相続人になる事ができるのか、また相続人となる事のできる人の範囲と順位、養子や非嫡出子が相続人の中にいた場合どうなるのかを解説するページです。

相続人についての詳細はこちら

相続財産について

被相続人が遺した遺産は全てが相続税の課税対象となる訳ではなく、相続税が課税される財産と非課税の財産とに分ける事ができます。
本ページでは、相続税の課税を受ける財産と非課税の財産にどのようなものが該当するのか、また相続税の課税を受ける主な財産の評価方法を一覧表で解説しています。

相続財産についての詳細はこちら

相続分について

民法に基づいた相続分である『法定相続分』と遺言によって相続分を定める『指定相続分』について解説するページです。

別ページ『相続分の譲渡・相続分取戻権について』では相続分を他人に譲渡する事が可能かどうか、相続人以外の第3者に無断で相続分が売却されてしまった場合の相続分取戻権について解説し、『相続分を侵害されたら』のページでは、本来はその相続において相続人となる資格がない表見相続人などに遺産を支配・占有している場合の対処法(相続回復請求権)についての解説もしています。

相続分についての詳細はこちら

相続分が増減する場合について

相続分が増減する場合とは、被相続人の生前に特別な寄与を行っていた相続人がいた場合や特別受益を被相続人の生前に受け取っていた相続人がいる場合には、被相続人の死亡時点に残存する遺産を法定相続分により分割するのではなく、寄与分や特別受益を考慮に入れて遺産の分割をする事が実質的な公平という観点に合致すると考えられます。

本ページと『寄与分』・『特別受益』の各ページにそれぞれ寄与分として認められるのはどのように寄与していくことなのか・寄与の評価はどのように行うのか、特別受益に該当するのはどのような生前贈与なのか・特別受益の評価方法について解説しています。

相続分が増減する場合についての詳細はこちら

相続権を失う場合について

相続人となる資格のある場合であっても被相続人の意思の下に『相続廃除』の請求がなされ認められた場合には当該相続人の相続権を喪失させる事ができ、また遺言を偽造するなど一定の事由に該当する場合には『相続欠格』となり自動的に相続権を喪失します。
このページでは『相続廃除』の手続きを行う為の要件と手続きの進め方と『相続欠格』に該当する欠格事由について解説しています。

相続権を失う場合についての詳細はこちら

相続の方法について

相続人は、自己のために相続が開始したことを知った時から3ヶ月以内に『単純承認』・『相続放棄』・『限定承認』の3種類の内から何れかの方法を選択しなくてはなりません。

しかしながら、3ヶ月間の期間は遺産の中身を確認するのに必ずしも十分な期間があるとは言い切れません。そこで、期間内に相続方法を選択する前に知っておきたい事や遺産の中身が3ヶ月間の熟慮期間内に調査しきれない場合に請求できる熟慮期間の伸長方法について解説しています。

また『単純承認』・『相続放棄』・『限定承認』の各ページにおいて、それぞれの相続方法の特徴とその方法を選択した場合の効果や手続きの進め方についても解説しています。

相続の方法ついての詳細はこちら

相続税について

相続税は、遺産が相続税の基礎控除額を超える場合にその超過部分について課税されるものです。
したがって相続税は全ての相続において課税されるものではなく、年間の相続発生件数のおよそ約5%の方が課税されている状況です。

このページは、相続税が課税される人と範囲・計算方法・加算や税額控除・相続財産ごとの具体的な評価方法等の相続税に関連する項目を案内するメニューページです。

相続税についての詳細はこちら

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp