遺産分割協議の不履行を理由に遺産分割協議を解除することは可能か|遺産分割FAQ

遺産分割FAQ

遺産分割協議の債務不履行を理由に解除できるのか

質問
相続人全員の同意の下で有効に成立した遺産分割協議後において一部の相続人が遺産分割協議の際に取り決めた母親を引き取って扶養するという条項を守ってくれません。
この場合、債務不履行を理由として遺産分割協議を解除することは可能ですか?

回答
平成元年2月9日 最高裁判所第一小法廷の判決によると一旦有効に遺産分割協議が成立した場合、一部の相続人が遺産分割協議で取り決めた条項を履行しないときであっても、他の相続人は民法第541条によって遺産分割協議を解除することはできないと解するのが相当であるとの判断が下されています。

というのも、遺産分割はその性質上協議が成立することによって終了し、その後は遺産分割協議で決められた債務を負担した相続人とその債権を取得した相続人との間に債権債務関係が残るだけと考えるべきであり、そのように考えなければ民法第909条本文によって遡及効を有する遺産分割を再度やり直さなければならず、法的安定性が著しく害されることになるからです。

つまり、遺産分割協議は契約ではなく権利の確定であることから、債務の不履行を理由として解除することはできないということです。

したがって、本事例の場合には、お母様の扶養義務を履行してくれない相続人に対して、履行の請求を行うほかありません。

参考条文

民法第541条(履行遅滞による解除)

当事者の一方がその債務を履行せざるときは、相手方は相当の期間を定めて、その履行を催告し、もしその期間内に履行なきときは、契約の解除をなすことを得。

民法第909条(遺産分割の遡及効)

遺産の分割は、相続開始のときにさかのぼってその効力を生ずる。
但し、第三者の権利を害することができない。

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp