遺産分割協議終了後に遺言を発見したとき|遺産分割FAQ

遺産分割FAQ

遺産分割協議が終了した後に遺言書を見つけた場合

質問
遺産分割協議が共同相続人全員の合意で円満に完了しましたが、たまたま遺品を整理していたところ遺言書が見つかりました。遺言書の内容が遺産分割協議によって成立した分割方法と異なった記載がある場合、遺産分割協議書は無効となってしまうのでしょうか。

回答
遺言の存在を知らずに遺産の分割協議が成立したとしても遺言に反する部分は無効となります。しかし、共同相続人全員が遺言と異なる遺産分割協議をそのまま維持しようとと合意すれば、その合意が優先される事になります。但し、共同相続人の中の1人でも遺言を盾にとり遺産分割協議についてクレームをつけた場合には再分割の協議・遺言の執行を改めて行うことが必要となります。

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp