遺言の保管方法について|遺言FAQ

遺言FAQ

遺言はどのように保管したらよいのか


遺言書の作成を考えていますが、作成した遺言書はどのように保管すればよいのか教えて下さい。


生前に遺言の作成を行われていても、相続人が遺言を見つけることができなかった場合には、法定相続による遺産分割が行われ、遺言を行った人の意思は実現することができなくなってしまいます。
そして、法定相続人全員の同意による遺産分割協議がまとまった後に遺言書が見つかった場合、遺言は法定相続より優先されますので、遺産分割が無効となる場合があります。
反対に、遺言書を簡単に発見できる場所に保管していた場合、推定相続人等の利害関係人によって偽造や変造をされる危険性があります。

遺言の保管に関して

公正証書遺言の場合、その遺言書の原本は、公証人役場に保管されるため、作成した遺言書の紛失、偽造、変造のおそれはありません。また、保管のための費用もかからないというメリットがあります。

一方で、自筆証書遺言や秘密証書遺言は遺言を行った人が保管することが必要ですが、簡単に見つけることができる状態で保管していたのでは利害関係人によって偽造や変造されるリスクがあります。
また、遺言書を厳重に保管しても、相続人が遺言書を発見できなければ、遺言者の意思に反する法定相続となってしまうおそれもあります。
そこで、公正証書遺言以外の遺言を遺言を作成した人が自ら保管する方法以外には次のような方法があります。

公正証書遺言以外の遺言の保管方法

  • 銀行等の貸金庫に保管する
  • 遺言執行者に保管を委託する

などの方法が考えられます。

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp