遺言に記載された財産が生前に処分されていたときの遺言の効力|遺言FAQ

遺言FAQ

遺言に記載された財産が遺言者によって生前処分されていた場合

質問
亡くなった父は、生前に遺言を作成しておりましたが、遺言書に記載されていた財産の内、一部について生前に処分がなされていました。このような場合に遺言の効力にどのような影響がでるのか教えて下さい。

回答
遺言を作成した後に遺言と異なる生前処分が行われた場合、その生前処分によって、遺言に記載された内容と抵触する部分については、遺言を撤回(取り消し)したものとみなされます。 (民法第1023条第二項)

したがって、生前処分によって遺言内容と抵触した部分のみ遺言を撤回したことになりますが、その他の遺言条項には影響を及ぼさないことになります。

遺言とは遺言者の最終意思を尊重する制度であり、遺言者が財産の処分方法を記載した遺言を作成していたとしても、後になってその翻意し、遺言の内容と異なった財産処分を行ったり、全く新しい遺言を作成することで前の遺言の一部や全部を撤回することを禁止するものでないからです。

参考条文

民法第1023条

第一項

前の遺言と後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を取り消したものとみなす。

第二項

前項の規定は、遺言と遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合にこれを準用する。

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp