受遺者が遺言者よりも先に死亡していた場合の遺贈の効力|遺言FAQ

遺言FAQ

遺言者の死亡前に受遺者が死亡していた場合の遺贈の効力

質問
先日亡くなった父は、生前に遺言書を作成し、父が祖父の相続の時に取得した父の実家の不動産を当時そこに住んでいた伯母に遺贈する旨の遺言していましたが、父が他界する前に既に伯母は他界しております。

このような場合に遺言で行った遺贈の効力にどのような影響があるのか教えて下さい。

回答
遺言者の死亡以前に受遺者が死亡していたときは、遺贈はその効力を生じません。(民法第994条第1項)

つまり、遺言者よりも先に受遺者が先に他界している場合には、遺言書の中の受遺者が受けるべき遺贈の部分は効力を生じないという事になります。

しかしながら、遺言者が別段の意思表示を行っている場合、例えば伯母に子があるケースで、伯母が死亡している場合にはその子に遺贈する旨の意思表示を遺言書の中で行っている場合には、その意思にしたがうことになります。

参考条文

民法第994条

第一項

遺贈は、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない。

第二項

停止条件附の遺贈については、受遺者がその条件の成就前に死亡したときも前項と同様である。但し、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp