遺言者が複数の遺言を残していたときの遺言の優劣|遺言FAQ

遺言FAQ

遺言書が複数通見つかった場合はどうなるのか

質問
亡父の遺品を整理していたところ、日付の異なる遺言書が2通見つかりました。このような場合、どちらの遺言書が優先するのですか。

回答
日付の異なる遺言書が複数見つかった場合には、後の遺言書が優先することになります。
2通の日付が異なる遺言書が発見された場合、前の遺言と後の遺言で異なった記述がなされている場合、その異なった部分については先にした遺言を後の遺言によって取り消した(撤回)ものと看做されるからです。(民法1023条)
遺言という制度は、遺言者の最後の意思表示を優先するという理念から、このような扱いがなされるのです。

なお、片方の遺言書が法律に定める方式を欠いた場合には、方式が整っている遺言が有効となります。

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp