遺留分を侵害している遺言は有効か否か|遺言 相続手続き相談所

遺留分FAQ

遺留分を侵した相続分を指定した場合その遺言は無効か否か

質問
父は生前、遺言書を作成していたようなのですが、その遺言書で指定した相続分が私の遺留分を侵害している事が分かりました。遺留分は相続人といえども自由に処分する事ができないとの事ですが、この場合にこの遺言は無効となるのですか。また、私はどのような対処をすればよいのでしょうか。

回答
遺言者が相続分の指定を行う場合であっても遺留分の規定に反する事は許されていません。したがって遺留分に反する相続分の指定がなされている遺言は即無効といいたいところですが、遺留分の侵害を受けた相続人はその遺留分の権利を侵された範囲・限度内で遺留分の減殺請求を行う事ができるに留まります。また、遺留分の減殺請求を行うのか行わないのかは遺留分を侵害されている相続人が各自で決める事ですので、遺留分の侵害がなされた相続分が指定してある遺言書でもそのまま有効となる場合があります。
<参考・・・遺留分減殺請求のページ>

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp