寄与分・特別受益とは:相続分が増減する場合

相続分の増減(寄与分・特別受益)INDEX

  1. 相続分が増減する場合とは
  2. 寄与分とは (別ページ)
  3. 特別受益とは (別ページ)

相続分が増減する場合とは

法定相続分とは別の生前に受けた贈与や寄与による相続分の変化

相続人の中に、被相続人の財産の形成(維持又は増加)に特別な貢献を行っていた人がいる場合、その事が全く考慮されずに、貢献をしてこなかった他の共同相続人と同じ相続分となってしまうと、特別な貢献(寄与)をした人からすると不公平感があると感じられると思います。

そこで特別な寄与を行った人と他の共同相続人間の実質的な公平を図る為に寄与を行った人の貢献度を金額に換算して、その金額を相続分に上乗せする寄与分という制度が設けられています。

一方、相続人の中に被相続人の生前に、住宅取得金などを贈与して貰っている人がいる場合にも、やはり被相続人の生前に贈与を受けていない人からすると生前贈与を受けていた相続人と比べ不公平感があるように感じられると思います。

そこで、被相続人が生前に行っていた贈与を相続時に存在するものとして相続財産に加える特別受益という制度が民法に定められています。但し、被相続人が行った全ての生前贈与が相続財産に加えられるものではなく、「特別受益」に該当する生前贈与のみが特別受益に該当する事になります。

以上のように特別な寄与を行った相続人や特別受益を被相続人の生前に受け取っていた相続人がいる場合には、実質的な公平という観点から、被相続人の死亡時点で残っている遺産を法定相続分により分割するのではなく、寄与分や特別受益を考慮に入れて遺産の分割をする事になります。

寄与分や特別受益があるというにはどういった条件があるのかをそれぞれの項目で解説していきます。

寄与分とはのページへ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

相続手続きのご相談受付け

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp