祭祀財産の相続|遺言・遺産相続手続き相談所

祭祀財産の相続

民法896条において、『相続人は、相続の開始のときから、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する』との規定がありますが、祭祀財産は相続財産を構成するものではない為、相続人全員で共有するものではなく、 祖先の祭祀を主宰すべき者が承継すると定められています。

祭祀財産とは

祭祀財産とは、系譜・祭具及び墳墓のことをいいます。
系譜とは始祖から代々の家系を書いた家系図のことを指し、祭具とは位牌や仏壇等のことを指し、墳墓とは墓石・墓地などのことを指しています。

祭祀財産の承継に関して

祭祀財産の承継方法については、民法897条第1項に『祭具及び墳墓の所有権は前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者がこれを承継する。但し、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が、これを主宰する』 と規定されています。
つまり、祭祀財産を承継する人については、相続人がそれぞれの相続分に応じて相続するものではなく、被相続人が祭祀財産の主宰すべき人を定めていた場合には指定をされた人が承継し、被相続人による指定がなされていない場合には慣習に従って承継されるとしているのです。

なお、慣習が不明な場合には、民法897条第2項に『慣習が明らかでないときは、前項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所がこれを定める』と規定されています。

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

相続手続きのご相談受付け

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp