熟慮期間とは|相続・遺言用語辞典

相続・遺言用語辞典

熟慮期間

相続手続では、被相続人の死亡又は自分が相続人である事を知ったときから3ヶ月以内に相続の方法(単純承認・限定承認・相続放棄)を決める事が必要です。

この相続方法を選択することができる期間の事を熟慮期間といいます。

相続財産がはっきりしない(遺産と債務)ような場合には、利害関係人又は検察官の請求によって家庭裁判所において、これを伸長する事もできます。

相続

  • 3種類の相続方法の選択
    相続人となった人は、『自己のために相続が開始したことを知ってから』3ヶ月の熟慮期間の間に単純承認・相続放棄・限定承認から相続方法を選択する必要がありますが、相続方法を選択する前に知っておきたい事や住居慮期間を伸長する為の方法を解説。

関連用語