検認とは|相続・遺言用語辞典

相続・遺言用語辞典

検認

家庭裁判所が遺言書の存在および内容を認定することをいいます。

遺言の保管者は相続の開始を知っとき、直ちに家庭裁判所に提出して、検認を受けなければならないことになっています。

なお、遺言が公正証書で作成されたものであれば検認を受ける必要はありません。

遺言

  • 遺言の検認手続き
    被相続人が生前に作成していた遺言が公正証書遺言でなかった場合には遺言の検認手続きが必要です。本項では遺言の検認手続きについて解説しています。
  • 遺言の基礎知識
    遺言で実現することのできる事、遺言は何歳からできるのかといった遺言の基礎知識を解説。
  • 遺言の方式(自筆証書遺言)
    遺言の方式(種類)にはどのようなものがあるのか、自筆証書遺言の作成方法等を解説。
  • 自筆証書遺言のサンプル書式
    自筆証書遺言のサンプル書式を掲載。
  • 公正証書遺言
    公正証書遺言の作成方法や作成に必要な手数料等を解説。
  • 秘密証書遺言
    秘密証書遺言の作成方法・作成に必要な手数料等を解説。

関連用語