欠格とは|相続・遺言用語辞典

相続・遺言用語辞典

欠格(相続欠格)

欠格とは、被相続人の意思で行われる『相続廃除』の場合と異なり、一定の事由がある場合に自動的に相続権を失うことをいいます。

相続権を失う場合

  • 相続廃除・相続欠格
    相続人としての地位を失い遺産を相続する事ができなくなる相続廃除・欠格について解説しています。

関連用語