相続回復請求権とは|相続・遺言用語辞典

相続・遺言用語辞典

相続回復請求権

表見相続人(戸籍上は相続人であるが、相続廃除などによって相続権を失っている場合など)が、相続財産を管理・分割している場合、真正相続人は、表見相続人に対して相続財産の返還を求める事ができます。
これを相続回復請求権といいます。

相続回復請求権は、真正相続人又はその法定代理人が表見相続人が相続をして権利を侵害していることを知った時から5年で消滅し、また知らなかったとしても相続の開始から20年間行使しなくても時効により消滅します。

相続

  • 相続権を侵害されていたら
    真正相続人が、表見相続人や不真正相続人による遺産の占有を廃除し、相続権回復する為の権利である相続回復請求権を解説しています。
  • 相続人の順位と範囲
    相続人の範囲と順位についての解説しています。

関連用語