相続放棄とは|相続・遺言用語辞典

相続・遺言用語辞典

相続放棄

相続放棄とは、被相続人の遺産を相続する権利を持つ人が自らの相続権を破棄することをいいます。

相続の方法

  • 相続放棄とは
    相続放棄を行うための手続きと相続放棄を選択した場合の効果、相続放棄の取り消しについて解説。
  • 単純承認承認とは
    単純承認は、被相続人の権利義務を無限に承継する方法ですが、どのような場合に単純承認の相続方法を選択したとみなされるのか、単純承認の効果を解説しています。
  • 限定承認とは
    限定承認は相続によって得たプラスの財産の範囲で債務を弁済し、財産が残ればそれを相続するという方法です。本項では限定承認の相続方法を選択した場合の効果や限定承認を行うための手続きを解説しています。
  • 3種類の相続方法とは
    相続人となった人は、『自己のために相続が開始したことを知ってから』3ヶ月の熟慮期間の間に単純承認・相続放棄・限定承認から相続方法を選択する必要がありますが、相続方法を選択する前に知っておきたい事や住居慮期間を伸長する為の方法を解説。

関連用語