相続人の調査サービスなら遺言・遺産相続手続き相談所

相続人・相続財産調査サービス

相続人の調査

相続人を調査する方法は、被相続人の最後の戸籍(除籍)謄本を取り寄せ、それに基づいて各相続人の戸籍謄本を取り寄せることになりますが、戸籍謄本のみで身分関係を網羅することができなければ、その前に属していた戸籍の除籍謄本、あるいは改製原戸籍謄本、さらにそれでも身分関係が分からなければその前の除籍謄本等の取り寄せが必要になり多くの労力が必要となることがあります。

戸籍謄本等は、本籍地の市区町村で交付を受けることができますが、本籍地を転々としている場合には本籍の移転した全ての戸籍謄本が必要となりますので、時間や労力等を考えると全て個人で行われる事は難しいと考えられます。

そこで遺産相続 遺言 相続手続相談所では、手続きを進めるのに時間や労力が必要となる相続人を調査・確定する為の書類収集・証明書作成のサポートを致しております。

相続人の調査サービス内容

弊事務所のご提供する相続人の調査支援サービスをご利用頂いた場合、下記の手続を行います。

戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本による相続人の確定

戸籍謄本等の取得は、弊事務所が行いますので、お亡くなりになった被相続人の最後の住所地・本籍地をご連絡下さい。

相続関係説明図の作成

相続人の調査・確定に必要となる戸籍謄本等の収集が完了しましたら、被相続人の身分関係の分かる相続関係説明図の作成を致します。

相続関係説明図は、相続登記申請時に添付資料として提出することで、申請書に添付した登記原因情報(戸籍謄本・除籍謄本)が登記完了後に希望すれば返却されます。

なお遺産分割協議書の原本還付を受けるためには、別途謄本を提出することが必要です。

収集した戸籍謄本等と相続関係説明図のお届け

相続人の調査・確定作業で収集した戸籍謄本等と相続関係説明図を直接又は郵送等によりお届けいたします。

相続人の調査が必要が必要な理由

相続人の調査をしっかりと行わなず遺産分割の話合いがまとまったとしても、後から他にも相続人がいたことが判明した場合、先に行った遺産分割は無効となり、最初から遺産分割の話合いを行わなくてはなりません。

せっかく遺産分割の話合いがまとまったにも関わらず、相続人の調査を怠って相続人の一部を遺産分割の話合いから除外してしまった為に、遺産分割が無効となってしまう事は、一旦行った遺産分割の話合いに要した時間や労力が無駄になることを意味します。

そこで、このような事態を未然に防ぐために被相続人の出生から死亡に至るまでの連続した戸籍謄本等を取り寄せ相続人の調査・確定作業を行うことが必要となります。

相続財産調査

遺産分割を行う前に必要な相続財産の調査並びに登記簿謄本等の必要書類収集をサポートするサービスです。

サービス内容

  • 相続財産の調査
  • 登記簿謄本等の必要書類収集
  • 相続財産目録の作成

相続手続き支援サービス

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

相続人調査サービス受付け

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp