相続において葬儀費用として控除できるものとは|相続Q&A

相続FAQ

葬儀費用で控除できるものとは

質問
相続税の計算をするときに、被相続人の葬式にかかった費用を差し引くことができるという話を聞きましたが、葬式費用として認められて差し引くことが認められるものはどういったものがあるのか教えて下さい。

回答
葬式費用として差し引くことが認められている支出の種類は、相続税法及び相続税法基本通達に次のように規定されています。

  1. 葬式若しくは葬送に際し、又はこれらの前において、埋葬、火葬、納骨又は遺がい若しくは遺骨の回送その他に要した費用
  2. 葬式に際し、施与した金品で、被相続人の職業、財産その他の事情に照らして相当程度と認められるものに要した費用
  3. 1又は2に掲げるもののほか、葬式の前後に生じた出費で通常葬式に伴うものと認められるもの
  4. 死体の捜索又は死体若しくは遺骨の運搬に要した費用

3の葬式の前後に生じた出費で通常葬式に伴うものとは、お通夜などにかかった費用などのことをいいます。

一方で葬式費用として認められないものは次のように規定されています。

  1. 香典返しのためにかかった費用
  2. 墓碑や墓地の買入にかかった費用や墓地の借入にかかった費用
  3. 初七日法要などの法会にかかった費用

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp