相続人の地位が重なった場合|遺言・遺産相続手続き相談所

相続FAQ

相続人として資格が重複した場合の相続分

質問
先日、祖父が死去し相続が開始しました。
祖父の相続人は、祖母は既に死去しておりますので、叔母と本来であれば私の父でしたが、父は既に5年前に死亡しており、私と姉が父の代襲相続人になりますので合計3人です。

ただ、私は以前に祖父母と養子縁組を行っておりましたので養子としての相続人の資格もあると思うのですが、相続人としての資格に重複がある場合、相続分は重複した相続分のいづれかになるのか、それとも両者を合算したものになるのか教えて下さい。

回答
確かに相談者様には、養子としての相続人の資格と父親の代襲相続人としての資格がありますので、相続人としての資格が重複しています。

戸籍実務上、相続分がどのようになるのかは養子縁組の種類が普通養子であるのか特別養子であるのかによって変わってきますので以下に解説を致します。

普通養子の場合

普通養子の場合、養子縁組と共に養親の嫡出子としての法定血族関係が生じることになりますが、一方で実親との血族関係は終了していない為、実親からの相続権を失うこともありません。
したがって、養子は養子及び実親の相続権を有することになっています。

戸籍実務上、普通養子であった場合には『被相続人の養子としての法定相続分』と本来であれば相続人であったはずの『父の代襲相続人としての法定相続分』を合算した相続分を有するものとされています。

したがって、ご相談の事例では、父が生存していれば子は3人いた事になりますので、子それぞれの法定相続分は1/3ずつとなり、死亡した父の1/3の相続分を父の子である姉とご相談者様が1/2ずつ代襲相続する事になります。

つまり、各相続人の法定相続分は、叔母1/3、姉1/6、ご相談者様1/2(1/3+1/6)という事になります。

特別養子の場合

特別養子の場合には、養子縁組と共に養子となった子の実方の父母及びその血族との親族関係は終了し、養子となった者とその実親の親族との相互扶養の義務や相続関係も終了することになりますので、法定相続分の重複は起こらないことになります。

したがってご相談の事例では、ご相談者様は祖父の養子としての相続人の資格のみとなりますので、叔母1/3、姉1/3(父の代襲相続人としての法定相続分)、ご相談者様1/3という事になります。

このページの先頭へ

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp