相続税の計算方法|遺言・相続手続き相談所

相続税の計算方法

相続税額の計算方法は、おおまかに分けて第一段階として各人の課税価格を算出して合計し、課税価格の総額を計算します。

第2段階では、相続税の基礎控除額を差し引いた課税遺産価額を法定相続分で分けた税額を算出して、それを合計して課税される相続税の総額を求めます。

第3段階では、各人の実際の取得分に応じた按分割合で配分し、相続人に応じた2割加算や各種の控除などを行って各人の税務署に実際に納付する税額を求めます。

以下の項目で相続税の計算方法についてより具体的に説明を致します。

相続財産の課税価額を求める(第一段階)

まず最初に相続や遺贈によって取得したあらゆる財産を金銭として評価し、課税価格の算出を行います。
各人ごとの課税価格の計算は、財産を取得した人ごとに下図のよう行います。各人ごとの課税価格を求めたら、それを合算して『課税価格の合計額』を算出します。

<各人の課税価額の計算方法>

各人の課税価格の計算方法

相続税の総額を算出する(第二段階)

第2段階では課税される遺産全体に対する相続税額を計算します。

まず第一段階で算出した『課税価格の合計額』から『相続税の基礎控除額』を差し引き『課税遺産総額』を求めます。

次に『課税遺産総額』を各相続人が法定相続分に応じて取得したものとして振り分け、各相続人ごとに相続税の速算表に応じた税率を適用して各人ごとの相続税額を求めます。
※この時は、法定相続分に応じた分割をしていてもいなくても関係がありません。

各人ごとの相続税額が算出できたら、それを合計して『相続税の総額』を算出します。

相続税の速算表

各人の実際の納付額を算出する(第三段階)

第三段階では、実際に各人が税務署に納付する税額を算出します。

まず第二段階で算出した『相続税の総額』を各人が実際に取得した遺産価額の割合(各人の課税価格による按分割合)に応じて、各人に振り分けて『各人ごとの算出税額』を求めます。

※按分割合の計算方法は、第一段階で求めた各人の課税価格を課税価格の合計額で割って算出します。

『各人ごとの算出税額』を求めたら、『2割加算』や『税額控除』を行って実際に納付する『各人ごとの納付税額』を算出します。

※『2割加算』とは、相続や遺贈によって財産を取得した人が配偶者及び一等身の血族でない場合に、第三段階で求めた『各人ごとの算出税額』に20%相当額が加算されることをいいます。

以上の計算により、実際に税務署に対して相続人などが納付する相続税額を求めることができます。
尚、本項では相続税の計算方法について端的に述べているにすぎませんので実際に相続税の納税が必要な方は、税理士にご相談をされ、申告手続をとられることをお勧め致します。

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp