相続税額の2割加算と控除

相続税額の加算と控除

相続税は、相続人の状況・構成によっては税額が加算されたり控除されたりすることがあります。本項では、相続税の加算・控除に関する事項を解説致します。

相続税の加算

相続税の20%加算

相続税の20%加算とは、相続や遺贈によって被相続人の財産を受け継いだ人が、(1)配偶者または(2)一親等の血族(父母または子)でない場合に算出相続税額のが2割相当が加算されることをいいます。

(2)の『子』には、子が既に死亡しているために代襲相続人となっている孫も含まれます。また、養子も『子』に含まれますが、被相続人の養子となっている孫(代襲相続が発生していない場合)は除外されます。

税額控除

相続や遺贈などによって財産を取得した人の中に次に掲げる事項に該当する人がいる場合で要件を充たしている場合には相続税の控除を受けることができます。
それぞれの事項について詳しく解説を致します。

配偶者の税額軽減

暦年課税分の贈与税額控除

未成年者控除

障害者控除

相次相続控除

外国税額控除

相続時精算課税に係わる贈与税額控除

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp